薄毛

ミノキシジル

ミノキシジルという名前は聞いたことがあるでしょうか。名前は知らなくても、「リアップ」という商品名は何度か耳にした事があるはずです。先頃アメリカで開発された育毛剤です。もともと血圧降下剤として高血圧症患者向けに処方されていたもので、機能としては体内の血管を拡張し、血流を促進させる働きがあるものです。

それが、まったくの偶然の重なりといいましょうか、投薬を受けた患者さんの多くに多毛症が見られたことから、育毛剤として活用できると言うことを突き止めた棒医者が、研究に研究を重ね、1980年に発毛剤として販売を開始したのでした。これを機に、その後も、ミノキシジル系発毛剤が次々と開発・販売される用になりました。日本ではリアップというY商品名で、医薬品として販売されています。

アメリカでは、爆発的な人気を得ていたものの、そこは規制の厳しい日本ですから、はじめは個人輸入で、入手するしかなく、それこそ“幻の薬“でしか無かったわけです。日本で正式に医薬品として販売が許されたのは、1999年に入ってからです。発売してまもなく、大反響をよび、メディアでも大きく取り上げるようになりました。

それまで、密かに薄毛や抜け毛で苦しんできた人にとっては、待ちに待った薬であり、これほど画期的な発見はなかったわけです。ミノキシジルの発毛効果は、まず一番の特徴である血管拡張作用によって、血流は増加します。すると毛乳頭が、より多くの発毛に必要な栄養分を吸収することができるようになります。

毛母細胞が、それにより元気になり、発毛促進が活発になるのです。ただし、もとが血管拡張剤で、高血圧症患者向けに利用されていたものですので、高血圧症、低血圧症、および妊娠中人は胎児への影響という意味で、服用は控えた方我部なのです。それ以外でしたら、ほとんど副作用のない安全な医薬品と想っていいでしょう。