薄毛

薄毛の悩み

自らの意志で脱毛するならともかく、不本意に髪の毛が抜けていくというのは、男女を問わず、こんな寂しいことはないですね。「もう高齢だから仕方ない」と自分に無理矢理納得させてみても、鏡やガラス窓に映し出されているのは、紛れもない自分の薄くなった頭です。毛が薄くなって、ぺしゃんこになっていれば、傍目からみても、とても貧弱な印象を与えることでしょう。

どんな美しい、またはキュートな服に身を飾っても、髪のボリュームがないというだけで、逆にアンバランスで滑稽に見えるだけです。もはやおしゃれをする気持ちにもなりません。薄毛の問題は男性だけの問題ではありません。女性にとっても深刻です。

しかし恥ずかしくて人に話せず、一人悶々としていませんか?最近は、人目を避けるようにして、美容外科外来を訪れてくる男女の患者さんも多いと聞きます。一人で悩み続ければ、それがまたストレスとなって、薄毛を促進させてしまう、悪循環です。気がついたら、まるで尼さんと間違えてしまいそうな悲惨な状態になっていたなんて言ったら、それこそ目もあてられません。

それ以前に、元気をなくしていくあなたの姿を見て、家族が心配になるでしょう。家族がいないという人は、友達が、友達もいないという人は、なおのこと深刻に思い詰めていって、今度は心が病気になってしまうかもしれません。髪の毛とうつ、まったく無関係に見えて、実は心と体は一つに繋がっているのです。だからこそストレスはいけないと言われていることなのです。

家にテレビがある人ならわかるでしょう。CMで、薄毛に関する話題が盛んに取り上げられています。また育毛専門会社も有名な物が、いくつかできていて、こうした人知れず悩む人々のカウンセリングを通して、治療改善されてきています。思い切って、病院を訪れて見るのもいいかもしれませんね。