毛の基礎知識

毛にも周期がある

人間に幼稚期、少年期、成人期とそれぞれに成長期間があるように、毛にも決まった成長サイクルがあるのです。これを毛周期と呼んでいます。毛周期は生え替わりのサイクルでもあります。

大きく分けると、成長期、退行期、休止期の3期に分かれています。しかも生えている箇所によって、周期が違ってきます。毛周期によって伸びる長さや速度が違ってきます。成長期はさらに1期、2期とあり、1期は、栄養を吸収しながら毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、今まさに毛が作られている段階です。

2期になると、いよいよ細胞分裂が活発になり、ようやく毛の先表皮から頭を出し伸びている状態です。次にいきなりですが退行期に入ります。細胞分裂は止まっているので、当然毛の成長も止まっています。やがて抜け落ちていきます。そして休止期になります。毛乳頭からはもはや栄養分は送られてきません。

細胞が休息している状態です。これを繰り返しながら、毛は増え、成長していきます。脱毛施術を行うとしたら、成長2期になります。退行期や休止期に施術を行ってもしかたありませんからね。さらにしっかり伸びていなければ強力なレーザーでも歯が立ちません。したがって、次のサイクルが開始されるまでの数ヶ月間は、電気針脱毛でも施術はできませんので、永久脱毛といった場合には、1回では収まらないのも、この毛周期に合わせておこなわれるためだということが、よく理解できたことと思います。