脱毛の前後

脱毛による副作用

クリニックやエステサロンでは、レーザー脱毛による施術が主要となってきています。どのクリニックやサロンをのぞいても、レーザー脱毛に副作用は少ないと主張しています。その日、少なくともクリニックにおける脱毛に関しては、あまりトラブルというのは聞きません。せいぜい悪徳クリニックによる金銭トラブル程度です。

ただ、どの施設でも注意書きとして掲載している中には、レーザー脱毛を受けられない人がいると言うことと、体調が万全の時でないと施術はできないといった事があります。体調の善し悪しに関しては目に見えないので、自分で判断するしかないのですが、誠意を持って運営しているクリニックなら、当然事前のカウンセリングは有りますから、その時に、現在脱毛施術を受けられる状態かどうかの判断が成されると想います。

仮に施術後に肌トラブルが起きてしまったとしても、医療機関でしたら、治療ができるので、そういう意味では安全かもしれません。それでもごく少数派の人達の間で、実際に起きた副作用というのは、現実あるようです。一例として、脂汗のような汗を良くかくようになった、施術を受けたのとはまったく無関係な頭髪の抜け毛が始まるようになったという声があります。

ごく一部の人のために、あまり問題として浮上しにくいのかもしれません。もし施術後に何らかの問題が起きたときはすぐに担当医師に相談しましょう。それ以前に、しっかりとカウンセリングを受けて、熟慮した後に決断した方が良さそうです。特に注意が必要なのは男性がレーザー脱毛を受ける場合です。場合によっては深刻な副作用が起きるケースもあります。

レーザー脱毛は黒に強く反応するために、剛毛のひげですと、なおさら強烈に反応し、数時間赤みが発生するケースも多いようです。また、毛膿炎といって、ニキビのようなできものが数日後にできてしまったというケースも見られます。ただし、これらの症状は一時的なもので、脱毛施術が進み、ひげが薄くなるにつれ、消えていくので心配はありません。むしろ自己処理による副作用の方が顕著に表れやすいようです。

特にVラインのようにデリケート部分での副作用は多く聞いていますので、完全な脱毛を望むなら、やはり医療機関の脱毛施術を考えられた方がいいかもしれません。