美容外科で脱毛処理

レーザー脱毛

美容外科で受ける事ができる永久脱毛の施術として、レーザー脱毛があります。文字通りレーザー光線を毛根周辺の毛母細胞に放射して、細胞を破壊することにより、二度と発毛してこないようにするのです。レーザーは、毛根もろとも破壊しますので、放射された部分に関しては発毛はしません。レーザー光線は、黒いメラニン色素にのみ反応して放射されるしくみになっているため、シミやそばかすにも有効です。

いわゆるレーザーで、毛根を焼き切る施術と聞くと、なにやら恐ろしさを感じる人もいるかもしれません。しかし実際にレーザー脱毛を受けた人は、全く痛みは無かったといいます。安全性もきちんと確認され、国の基準に沿って行われる健全な施術ですので、心配はありません。レーザー脱毛を受ける事によって、様々ないいことがあります。皮膚へのダメージはほとんど無く、安全であること、痛みがほとんど無いこと、一回の施術は短時間で済むことです。

従って会社帰りや、買い物のついでに利用できてしまう気軽さがあります。注意すべき点は、とにかく黒い色素に強く反応してしまうので、あざやほくろ、日焼けした肌、元が色黒の人の肌と、毛根の区別がつきません。乳輪、陰部、肛門といったデリケートゾーンの脱毛も困難です。休止期の毛根には、全く反応しませんので、脱毛が完了するまで、数ヶ月以上通院しなければなりません。

メラニン色素が薄い産毛や薄い毛、白髪には、全く反応しません。現在、こうした問題解決をすべく改良の試みがされつつあります。このように、永久脱毛施術の分野では、メジャーとなりつつあるレーザー光線ですが、メリット・デメリットをきちんと知って、適切な判断をしていきましょう。そのためにも、施術前のカウンセリングは重要です。しっかり説明を受け納得できたら施術を受けましょう。

レーザー脱毛は一回の放射時間が短い分だけ、費用もうんと低く抑えられていますが、そうはいっても、長期通院すれば、相当な金額になります。焦って飛びつく前に、自分にとって、本当にこの施術が必要なのかどうか、じっくり考えて判断するようにしてください。